豚プラセンタ

豚プラセンタの中には一般の豚とは区別された、SPF豚やデンマーク産の豚から抽出された、高品質の豚プラセンタが存在します。高品質の豚プラセンタは安全面も高い安心できるプラセンタです。

SPF豚とデンマーク豚は、タダの豚じゃありません!

豚から抽出される豚プラセンタは、動物性プラセンタの中でも最もポピュラーなプラセンタで、プラセンタ商品の大半に使われている定番の原材料です。豚プラセンタは馬プラセンタよりも安価ですが、価格が安いからといって美容効果がないというワケではありません。

豚プラセンタの価格が比較的リーズナブルとなっているのは、豚の出産が年に数回、シーズンを問わずおこなわれることに由来します。

プラセンタは動物の胎盤から抽出しなければなりませんが、胎盤は妊娠中にできるものなので、サラブレッドのように年に1度しか出産しないような動物であれば、プラセンタの抽出も年に1度だけとなってしまい、それだけ希少価値があがってしまいます。しかし、豚のように年に数回プラセンタを抽出できれば、価格も安くすることができるのです。

そのような豚のなかでも、SPF豚と呼ばれる指定された病原体を持たいない豚と、飼育管理の徹底されたデンマーク産の豚は、高品質な豚として区別されています。

豚プラセンタを含んだプラセンタ商品を購入する場合には、高品質のSPF豚やデンマーク産の豚から抽出された豚プラセンタが配合されているものを選ぶようにしましょう。

豚プラセンタはアミノ酸が少ない?

プラセンタ商品を購入する場合、豚プラセンタと馬プラセンタを比較して検討している人はとても多いと思います。

そして、豚プラセンタと馬プラセンタの大きな違いとしてアミノ酸の量に注目することになるのですが、ここで注意しなければいけないのは、豚プラセンタに含まれるアミノ酸の量が少ないのではなく、馬プラセンタに含まれるアミノ酸の量が過剰に多いということです。

馬プラセンタを含んだ商品が豚プラセンタを含む商品よりも高価なのは、アミノ酸の量が全然違うからだと思っている人も少なくないようですが、これは大きな間違いなので気をつけましょう。

含まれる必須アミノ酸の種類などに違いはあるものの、先にも述べたとおり、馬プラセンタは希少価値のたいへん高いものなので、そもそものベースが異なります。豚プラセンタに含まれるアミノ酸の量でも、スキンケア効果やアンチエイジング効果は十分に期待できるものです。

また、豚の細胞はヒトに比較的似ているといわれているので、ヒトとのシンクロ性も高いと思います。人によっては、「馬プラセンタよりも豚プラセンタの方が効果があった」という事も少なくないので、馬プラセンタで効果がでない場合には、ヒトに近い細胞を持った豚プラセンタの商品を試してみるのもいいと思います。

人気ランキング
プラセンタEX100
原材料が国産サラブレッドの馬プラセンタサプリ。吸収力に優れるナノ化製法
エイジングリペア
馬プラセンタサプリ。クチコミサイトで1位を獲得した実績あり!
プラセンタ100
プラセンタサプリの中で日本一の売上を誇る人気サプリ。デンマーク産豚使用。お試しアリ!
ディスクシステム